スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機で乗り心地の良い席

バスや電車で乗り心地の良い席は、”できるだけ車輪から離れた位置”そして
”中央部付近”という事をお話しました。

今回は、飛行機の乗り心地の良い席です。

飛行機で乗り心地の良い席はどこ?



飛行機揺れる原因は”気流”です。
どんなに天気が良くても、大気圏内は風があるもの。
いかに、速くて、大きな飛行機でも影響を受けます。

この乱気流の影響をいかに抑えるかがポイントになります。

飛行機は重心のある位置が最も揺れない



飛行機は多少の風があっても安全に安定して飛行できます。

飛行機が安定して飛行できるのは、機体の先頭部分、
「機首」に重心があるからです。

この重心を中心に全体が揺れますから、当然重心が一番揺れません。


揺れを収めるのは、機体の”しなり”



また、気流の乱れによって生じた振動は、
機体そのもので吸収するように設計されています。

着陸の時など、衝撃があると飛行機の翼が大きく曲がるのをご存知だと思います。
あれは、翼に弾力を持たせ、ポッキリと折れるのを防ぐのと同時に、
振動を吸収する役目も持たせているのです。

実は、飛行機の機体そのものも、”しなやか”に作られていて、
ある程度曲がるようにできています。

後ろの方の座席から、揺れる飛行機の機内を見ると、
全体が歪んでいるのが判ると思います。

飛行機は、気流の中に頭から突っ込んでいくので、
機首が最も影響を受けそうですが、そうではありません。

気流の中に突っ込むことで、さらに気流の乱れが生じます。
飛行機は前進しているので、この乱れは後方にも影響します。

この乱れを報っておくと、大きな揺れが発生する元になりますし、
なにしろ安全に飛行することができません。

この気流の乱れをどこかで吸収するわけです。

そう、気流の乱れは機体そのものが”しなる”ことによって
吸収されるわけです。

当然、このしなりも機首部分が中心になりますので、
後方に行くほど、機体のブレが大きくなり、揺れることになります。

この事からも、飛行機の乗り心地は後方よりも先頭の方が良い
という事が言えます。

飛行機のファーストクラスが先頭にある理由



以上のことから、飛行機で乗り心地の良い席は先頭という事がわかります。
ですから飛行機のファーストクラスは、先頭に作られているわけです。

先頭にファーストクラスを作る理由は他にもあります。

空気や水など流体の中を進むのに最も都合が良い形は、
ティアードロップ形(雨水、しずくの形)です。

この形は頭の部分が大きくなってますよね。
したがって、中の座席部分を広くとることができます。

B747(ジャンボ)は、典型的な頭デッカチですが、
このデッカイ頭の部分にファーストクラスがあるのは、
非常に理にかなっているのです。


同じ料金なら前の方が得!



旅慣れている方なら、”乗り降りが早い”という理由で、
前の方の席を好まれると思いますが、実は、乗り心地の面でも
前の方が有利です。

さらに、エンジンの近くは煩いとか、後方はトイレが近くて
人が通るなど、いろいろ嫌われる理由はありますよね。

だからといって、ファーストクラスが絶対良いというわけではなく、
同じ料金なら、前の方が得という事を理解しておきましょう。

単に「窓際が良い」というだけではない、選択肢が広がりますよ。
menu
旅行の最新情報
旅行に嬉しい小ネタ
格安ツアーの捜し方
格安の旅館やホテルを予約!!
お得な交通機関
乗り心地の良い席を予約しよう
自動車旅行のチャンス!!
テーマパークの攻略と裏技
格安旅行の裏技
リンク集
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

リンク・バナー






スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





RSSリンクの表示
リンク
姉妹サイト
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。