船旅で余裕の旅

高速バスと並んでオススメなのが船での移動です。
離島などに渡るんじゃないですよ。
船を使っての旅行です。

船旅がオススメの理由

夜間に移動できる

バスをオススメする理由と同じなのですが、
飛行機や新幹線ではでいない夜間での移動になります。
夕方・夜に出発して、翌朝に到着するので、時間に無駄がありません。
現地に目一杯滞在するために、ぜひとも検討してください。

広い!!

言うまでもなく、船の中は広いです。
説明するのもバカバカしいのですが、同じように夜間移動するバスは、狭いです。
移動している間は座りっぱなし(トイレぐらいは行けますが)で、リクライニングできるぐらいでしょう。
その点船は、余裕で広い!
船の中を散歩したり、デッキに出たりなど、簡単。
暇ならグループや家族でトランプでもできてしまいます。
同じ時間をかけて移動するなら、バスよりも楽で、楽しいのは間違いありません。

設備が充実している

船での移動で、僕が一番気に入ってるのは、お風呂です。
よく利用するさんふらわぁには、サウナまで付いています。
早起きして、朝日を見ながら、でっかい湯船に浸かるのが、好きなんですよね。

あと、レストランや、自動販売機が充実しているのが良い!!
夜、夜景を眺めながらのビール・・・これ最高!!
朝一番に予定が入っているなら、朝食もOK!
このサービスは、船ならではではないでしょうか?

難点もある。

実は、船の移動にも難点があります。
この点も抑えておきますね。

便数が少ない

一日に1便とか2便とかしかないので、時間が合えば良いのですが、
そうでない場合は、利用できません。
ほとんどの便が早朝に着くように設定されているので、
僕の場合、目的地に早く着きすぎてしまうケースが多いです。
まだ、店や会社が開いていないので、時間を潰すのが大変だったことがあります。
この辺りは、ちゃんと確認しておきましょう。

港が街から遠い場合がある

僕が利用する関西行きの場合、港から街が遠いんですよね。
船だから、当然港に着きますから、目的地が海から離れていることが多いんですよ。
JRやバスは、街のど真ん中に到着しますから、これはちょっと痛い。
大分に戻ってくる場合は、全く問題ないんですけどねぇ。

それでも早朝に到着するので、移動の時間を入れれば、ある程度時間に余裕があるのは
ありがたいです。
例えば、関西の場合。
六甲アイランドに着いてから、大阪に移動するケースでも、
難波に到着するのは、朝9時ぐらいと考えて良いでしょう。
乗り換えの手間がなければ、到着時間はバスと変らないとも言えますが、
微妙ですよねぇ。

船旅の雰囲気


僕は、関西に行くには、JR、飛行機、船・・・と、いろいろな手段を使いますが、
やっぱり船は、雰囲気が好きです。
最近は、高速道路、休日1,000円乗り放題のおかげで、船は押されているらしいのですが、
僕は、やっぱり、あの雰囲気が好きですね。
船に乗った事がない方には、ぜひ体験して欲しいと思ってます。

船を利用する時に知っておいて欲しいこと

船の快適さは、混雑の状況に左右されます。
これはもう、何度も経験しているので、フォントを大きくして書きたいぐらいです。
とにかく、混んでる船は最悪です。
寝返りもうてないぐらい、詰め込まれたことがあります。
狭い2等船室に耐えかねて、通路のベンチで寝てる人もたくさんいます。

そこでオススメしたいのが、寝台です。
寝台ならば、とりあえず寝るスペースは絶対に確保できます。
混んでいるときは、多少出費があっても寝台をオススメします。

そして、「混んだら大変」というのは、フェリーを利用している人は
良く知っているものです。
ですから、お盆や正月など、混雑時は、争奪戦になります。
って事は・・・。
決め手は予約です。
とにかく早めに予約して、寝台をゲットしましょう。
最盛期、快適に移動するには、早めの予約です。

・・・ま、これは船に限ったことでなないですけどね。
menu
旅行の最新情報
旅行に嬉しい小ネタ
格安ツアーの捜し方
格安の旅館やホテルを予約!!
お得な交通機関
乗り心地の良い席を予約しよう
自動車旅行のチャンス!!
テーマパークの攻略と裏技
格安旅行の裏技
リンク集
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

リンク・バナー






スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





RSSリンクの表示
リンク
姉妹サイト
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる