スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 軍艦島 ツアーの裏ワザ

軍艦島ツアー、最大のネックは 

上陸できる確率が低い

というところです。

天候状態で船が接岸できない事が多いんですよね。
せっかく乗船しても、接岸できなければ上陸できません。

なぜ、接岸できない可能性が高いかというと、
桟橋(ドルフィン桟橋)の構造に問題があります。

一般的に桟橋は、海の上に浮いている 浮桟橋です。
そのため、潮位に関係なく、船の高さと桟橋の高さが一定になります。

船も桟橋も、海の上に浮いているのですから、高さの関係は一定です。

ところが、軍艦島のドルフィン桟橋は、海底に固定されていますので、
干潮になれば、高い壁となり、満潮になれば大半が沈んでしまい、
船から見下ろす形になります。

こういったわけで、比較的 波が穏やかな日でも接岸できない場合があるのです。

こんな状態ですから、波が高い日は当然接岸できません。
できるだけ、波のない穏やかな日を選ぶ必要があります。

では、波の無い日はどうすれば判るのか?
実は、風の予報で波の状態をある程度予測できます。

軍艦島の西側は日本海に面しているため、そもそも波が高いのですが、
ここに北西の風が入ってくると、相当に荒れます。

ですから、比較的波が穏やかな南東に桟橋が作られているわけです。

南東に作られているということは、南からの波に弱いということになります。

もちろん、風が強い日は上陸不可能ですが、
天気が良くても、南からのうねりが入っている場合は接岸できないのです。

波がどのように入ってくるかは、天気予報のサイトに掲載されていますので、
事前に確認されることをお勧めします。

波予報の例 ⇒ 気象協会の波予報

波は、風の影響で発生しますので、風の無い日が最善です。
風は季節によってかなり変わります。

夏は比較的穏やかな日が多いのですが、
冬場は、荒れる日が多いです。

また、春は、南寄りの風が多いので、大きな”うねり”が
入ってくる可能性が高いです。

旅行日程は、このような事を考慮して計画されると良いでしょう。


スポンサーサイト
menu
旅行の最新情報
旅行に嬉しい小ネタ
格安ツアーの捜し方
格安の旅館やホテルを予約!!
お得な交通機関
乗り心地の良い席を予約しよう
自動車旅行のチャンス!!
テーマパークの攻略と裏技
格安旅行の裏技
リンク集
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

リンク・バナー






スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





RSSリンクの表示
リンク
姉妹サイト
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。