スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 軍艦島 ツアーの裏ワザ

軍艦島ツアー、最大のネックは 

上陸できる確率が低い

というところです。

天候状態で船が接岸できない事が多いんですよね。
せっかく乗船しても、接岸できなければ上陸できません。

なぜ、接岸できない可能性が高いかというと、
桟橋(ドルフィン桟橋)の構造に問題があります。

一般的に桟橋は、海の上に浮いている 浮桟橋です。
そのため、潮位に関係なく、船の高さと桟橋の高さが一定になります。

船も桟橋も、海の上に浮いているのですから、高さの関係は一定です。

ところが、軍艦島のドルフィン桟橋は、海底に固定されていますので、
干潮になれば、高い壁となり、満潮になれば大半が沈んでしまい、
船から見下ろす形になります。

こういったわけで、比較的 波が穏やかな日でも接岸できない場合があるのです。

こんな状態ですから、波が高い日は当然接岸できません。
できるだけ、波のない穏やかな日を選ぶ必要があります。

では、波の無い日はどうすれば判るのか?
実は、風の予報で波の状態をある程度予測できます。

軍艦島の西側は日本海に面しているため、そもそも波が高いのですが、
ここに北西の風が入ってくると、相当に荒れます。

ですから、比較的波が穏やかな南東に桟橋が作られているわけです。

南東に作られているということは、南からの波に弱いということになります。

もちろん、風が強い日は上陸不可能ですが、
天気が良くても、南からのうねりが入っている場合は接岸できないのです。

波がどのように入ってくるかは、天気予報のサイトに掲載されていますので、
事前に確認されることをお勧めします。

波予報の例 ⇒ 気象協会の波予報

波は、風の影響で発生しますので、風の無い日が最善です。
風は季節によってかなり変わります。

夏は比較的穏やかな日が多いのですが、
冬場は、荒れる日が多いです。

また、春は、南寄りの風が多いので、大きな”うねり”が
入ってくる可能性が高いです。

旅行日程は、このような事を考慮して計画されると良いでしょう。


スポンサーサイト

世界遺産 長崎軍艦島(端島)クルーズ Ⅱ

長崎港からおよそ40分で、軍艦島に到着です。
上陸してすぐに、物凄い景色が目の前に広がります。

実際に上陸をして目にする廃墟は、写真で見るのと全然印象が違います。

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

軍艦島 上陸

このような写真は、写真集などでごらんになった事が多いかと思います。
しかし、”本物”は、やはり違います。

なにがスゴイかって、まず、”デカイ”ですね。
そして、”誰かが壊したかのように”完璧に壊れています。

本当に見事に壊れています。
爆弾でも落ちたようです。

さらには、”音”です。

見学している最中も崩壊は進んでいて、
目の前で“パラパラ”と音を立てて建物が崩れていきます。
この迫力は本物を間近に見ないと判らないでしょう。

さて、見学コースですが、下のように整備されています。
今、入れるのは、全体の1/5ぐらいかな。
さらに、コースが整備されて島全体を散策できる日が来るかもしれませんね。

見学コースはこんな↓感じです。

軍艦島 上陸

綺麗に整備されていて、コース上はとても歩きやすいです。

ただ、船が接岸する桟橋などは凸凹があったり、急な階段があったりするので、
ハイヒールなどは無理ですね。

それで、そんな靴を履いている方には、
船内で”靴(クロックスのようなの)の貸出があります。

とりあえず、履物を心配はせずに乗船できますよ。

軍艦島 上陸

上陸の見学コースを回ったら、長崎港へ帰る前に、
海上から見学できます。

軍艦島が、”最も軍艦らしく見える”西側からの眺めも見学できますよ。

軍艦島 上陸

この会場からの端島見学は、右回り、左回りの両方やってくれるので、
右側の窓が良いとか、左側の窓が良いなどの違いはありません。

ただ、船内だと、ガラスが反射するので、写真写りが良くないので、
ここで、写真を撮りたい場合は、デッキの方がお勧めです。

ところで、軍艦島には、水道も電気もなく、トイレがありませんから、
船内のトイレを利用することになります。

上陸時間は限られていますから、できるだけ船内で用を足しておきましょう。



世界遺産 長崎軍艦島(端島)クルーズ Ⅰ

長崎県にある「端島」のクルーズ(上陸コース)に参加しましたので
ご紹介しましょう。

世界遺産に登録された端島は、島にあった炭鉱が閉山されたため
住人がいなくなり、そのまま廃墟になった無人の島です。

その姿が”軍艦”のように見えることから、通称”軍艦島”と呼ばれています。

端島の説明についてはこちら ⇒ 端島(軍艦島)の歴史

軍艦島は、その名のとおり”島”ですので、見学ツアーは船になります。
主なツアーは以下のとおりです。

(やまさ海運)         095-822-5002
(軍艦島クルーズ)      095-827-2470
(シーマン商会)        095-818-1105
(ユニバーサルワーカーズ) 095-895-9300
(アイランド丸 馬場広徳)  090-8225-8107

平日はともかく、今人気の”世界遺産”ですから、土日はほぼ満席です。
できるだけ早く予約することが肝心です。

・・・なんですが、裏技を一つ。
私は、一人だったからかもしれませんが、

”満席”と掲載されているツアーにも、片っ端から”電話”しました。

する3件目で、ヒット!! ”満席でも乗船OK”でした。
いざとなったら、やっぱり電話ですね。o(⌒0⌒)o

で、乗船したのは、こちらの船です。

軍艦島クルーズ船

やまさ運輸の船です。
中は とても広く、なかなか快適でしたよ。

船内よりも、屋上デッキの方が人気ですから、
”デッキから軍艦島を見たい!”という方は、早めにチケットを買って、
桟橋に早く並ぶことが重要ですね。

ちなみに、軍艦島に行くまでの間、
長崎港を通過するのですが、なかなか景色が良くて、
移動中、ずっと船内放送で案内してくれます。

いろいろ見るには、やはりデッキの方がお勧めです。

ここが重要なのですが・・・

できれば進行方向右側の席に座ることをお勧めします。

右手の方が、見所がたくさんあって、船内放送での案内も
右側ばかりです。

左側に座ると、なかなか見えず、少々寂しい思いをしますよ。

案内を聞いているうちに、軍艦島に到着です!!

軍艦島

なるほど、軍艦のように見えますね。
これが島なのですから驚きです。

いよいよ上陸。ワクワクですが、その前に・・・

軍艦島クルーズの選び方ですが・・・。

ツアーには、料金や内容など、微妙に違います。

平日の空いている時など、選べるなら、ちゃんと選びましょう。

料金ももちろん微妙に違いますが、お土産(なんと石炭!)をくれたり、
割引チケットがあったりといろいろです。

あと、重要なのが発着場です。

大波止ターミナルからだと、夢タウンの横なので、
街から近いのですが、常盤桟橋だと、少々遠くなります。

伊王島や野母崎から出る船もありますから、旅行予定に合わせて
選んでください。

なお、ネットにはいろいろ情報は出ているのですが、
運行している会社や、運行時間などは、ちょくちょく変わっています。

ホームページなどでチェックするのは当然ですが、
最終的な確認は、やはり”電話”でされることをお勧めします。

という事で、PARTⅡに続きます。o(⌒0⌒)o






ハウステンボス 天空の城 攻略法

ハウステンボス アドベンチャーパークの中でも、天空の城は、ちょっと勇気が必要ですので要注意です。

”アスレチックのようなもの”と思い込みがちなのですが、そこら辺にあるアスレチックとは全然違います。

ハウステンボスHP内の写真では良くわかりませんが、とにかく高さがあります。
「高さ9m」と、書いてはいますが、実際にこの9mを目前に見ると、
あまりの高さに子供達はビビッてしまいます。

前にも説明しましたが、アドベンチャーパークの入場券をゲットするときに、
子供達が、「やる」「やらない」で、悩むのは、このせいなのです。

間違えてはいけないのは、高いからといって危険など全く無いということです。

castle.jpg

シューティング・スターもそうですが、アトラクションに参加するためには、
ハーネスという体を支える道具を利用する完全装備が必要です。

ですから、万が一、足を踏み外したとか、手が滑ったとかで、落ちそうになっても大丈夫。
必ず、命綱が体を受け止め支えてくれるようになっています。

詳しいことは書けませんが、とにかく信頼のできるスタッフが高度な道具を使って
安全を確保していることだけは確かなのです。

ですから、参加の可否は、”勇気”によるところだけと言えます。

・・・とはいえ、

9mは、”最も高いところ”で、小さな子供さんも参加できるように、
低いところばかり行くコースもありますし、
途中で、棄権することもできます。

何が何でも、勇気が必要ということではありませんので、
”その気”になれば、気軽に参加できると思いますよ。

注意事項

安全確保のため、体験にはかなり重装備が必要です。
一人一人、スタッフが丁寧にハーネスを装着してくれるため、
これに時間がかかります。

ですから、時間には十分ゆとりを持つことが大切です。

小さな子供は、親が一緒に登る必要があります。
中には、お母さんが尻込みして子供が参加できないというケースもありますので、
参加の是非は、家族でしっかり話し合ってください。

途中で”やっぱりダメ”ということは、意外に多いです。
私が参加したときでも、あちこちで「すいません降ります」の声が聞こえました。

気軽に参加しても大丈夫だとは思いますが、
実際やってみて、”無理”と思ったら、すぐに棄権することも勇気だと思います。

参加するためには、基本的に”手ぶら”が条件です。
ですから、写真撮影ができないのがつらいところです。(だから写真がないのですが)

で、カメラはどうするか?なんですが、
これは受付横のロッカーに入れます。(ちゃっかり有料)

なので、ロッカー代を節約するなら、荷物を必要最小限にして、
あとは、ポケットか小さなウェストバッグに入れておくぐらいしか手がありません。

また、「参加もしたいし、撮影もしたい」という方、
いろいろ考えたのですが、良い方法を一つだけ思いつきました。

家族別々に参加というのは、原則できないので、
カメラを持つ人が先頭か最後か?で悩むところです。

筆者の経験から判断すると、”先頭”が正解だと思います。

まず、撮影する本人がダッシュでコースをクリアします。
終わったところで、後からゆっくり来る子供達を撮影するのです。

撮影してから、追いかけるというのは、ハーネス装着の手順から考えると、
少々難しいでしょう。

あらかじめ、コース攻略法を考えるぐらいの勢いで、
さっさとクリアすることが撮影成功の秘訣です。

また、自分が早くても、前に人がいれば抜くことができません。
前に人がいないコースを選んで、(行きたくないコースでも)
さっさとクリアして撮影に備えるべきでしょう。

当然、ロッカーに入れておくと、取り出すのに時間がかかるので、
やはり、ウェストバッグがお勧めですね。


ハウステンボス アドベンチャーパークの攻略法

今、ハウステンボスで最も長い列を作っているのが今回紹介する
アドベンチャーパークです。

先日は、このアドベンチャーパークをメインに狙って2度行ったので、
感想をレポートしましょう。

まずは、アドベンチャーパークをしっかり理解することが大切です。

「アスレチックのようなものだろう」と思い込んでいると、
ちょっと驚きますよ。

アドベンチャーパークは、実は天空の城とシューティング・スター、
二つのアトラクションの総称です。

enjoy_advpark_main3.jpg

写真左がシューティング・スター、右が天空の城です。

それぞれ別の申し込み(同時にできる)になっていて、
しかも順次行われているわけではなく、時間割り当て制になっています

まず、入場券の購入方法です。
このアドベンチャーパークは、入場料が高いので、
「これだけしかやらない」という方以外は、”とくとくチケット(共通券)の購入をお勧めします。

他のアトラクションは高くても数百円なのですが、これだけは、
ハウステンボスの入場券を持っていても1,800円。
通常は、2,800円もしますから、とくとくチケットを使って、元を取れる可能性が高いのです。

さて、アドベンチャーパークを楽しむためには、まずは入場整理券をゲットしなければなりません。
先に書いたように、このアトラクション、非常に人気があって、長い行列ができます。

行列が長くなる原因は、天空の城とシューティング・スターの両方を同時に受付し、
集合時間の希望を聞いて、人数や年齢を確認するなど、受付にけっこう時間がかかるからです。

ですから、ハウステンボスに入場したら、すぐに入場整理券をゲットする列に並ぶことをお勧めします。

通常の土日祭日で、10時~11時ぐらい。
ゴールデンウィークなど、混雑するときは、10前で完売するそうです。
早めの行動が大事ですよ。

ここで、お子様がいらっしゃる場合の注意事項です。

お子様には、前もって施設を十分説明して、何をするか?できるか?説明しましょう。
というのは、受付で子供達が「やる」「やらない」で、揉めるケースが続発していました。

大人が十分説明して、子供に決心させてからでないと、
列に並んでも無駄になりますので、この点は注意してくださいね。


menu
旅行の最新情報
旅行に嬉しい小ネタ
格安ツアーの捜し方
格安の旅館やホテルを予約!!
お得な交通機関
乗り心地の良い席を予約しよう
自動車旅行のチャンス!!
テーマパークの攻略と裏技
格安旅行の裏技
リンク集
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

リンク・バナー






スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





RSSリンクの表示
リンク
姉妹サイト
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。