スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速バス・夜行バス 乗車レポート

春・秋、お盆、正月など、繁盛期でも意外と予約できる高速バスの乗車レポートをお届けします。

まず、実際に予約して、便利だと思ったのは、”夜行バスである”ということ。

夜出発して朝に到着

この便利さは、飛行機や新幹線にはありません。

仕事をしてから出発、眠っている間に移動。
帰ったその日から仕事。・・と無駄な時間がありません。

さらに、到着地がいきなり街の中心地だという事。
これは便利!!

JRの場合も、いきなり街中に到着ですが、飛行機や船だとこうはいきません。

さて、問題の車内はどうなっているか?
私が乗車した、九州⇔関西 方面を結ぶ高速・夜行バスを紹介します。

まず、気になるのは、”隣はどんな人?”ってところではないでしょうか?

知り合いならともかく、全く知らない人が長時間隣にいて、しかも一緒に寝るのは苦痛ですよね。

ところが、高速・夜行バスは、3列の独立したシートになっていて、隣の席を気にする必要はまったくありませんでした。
さらに、隣の席との間にカーテンがあるので、消灯後は、全く気になりません。

むしろ気になるのは、リクライニングを倒したとき、”後ろの方は大丈夫かな?”と心配になるところです。
これも、人それぞれだと思いますが、後ろの席の方が、とても大きい場合は、気にはなります。
ですから、一番後ろの席は、割と良いですね。

あと、真ん中も、席の両方に空間があるので、広く感じるのでお勧めです。

一方窓側の席なんですが、基本移動中は眠っていますので、カーテンを閉めたままです。
到着直前に町並みを見たいとは、若干思いましたが、起きてから到着まで10分やそこらなので、そこまで気になりませんでした。

この写真は消灯直前の状況です。
薄明りになっています。

消灯直前の車内

気が利いているなぁ、と思ったのは、使い捨てのスリッパが備えられていたところです。
フットレストがあっても、裸足は意外と気になりますし、トイレに行くときにイチイチ靴を履く必要がありません。
スリッパは安心ですね。

スリッパ

そして、枕とブランケットが付いています。
女性はブランケットが嬉しいのでしょうけど、男性はあまり関係が無いかな。

なので、私は、腰痛が気になったので、「腰当て」として使ってました。

枕は、こんな感じです。

枕

「腰当」ですが、関西方面行きには付いてなかったのですが、九州方面行きには、各席に付いていました。
この辺りは、バス会社によって差があるのかもしれません。

という事で、全体的な感想としては、便利だし、”意外と快適”でした。

効果として大きいなと思ったのは、繰り返しになりますが、

3列の独立シート

というところです。

これだけ、快適に移動できて、他の交通機関比べると、かなりの格安料金になっています。
これは一度利用してみるべきですよ。





今回、高速・夜行バスをさらに快適に利用する方法をいろいろと考えてみましたので、次は、これを紹介ましょう。
スポンサーサイト

格安バスツアーを考える

スキーバス事故の影響で格安バスツアーが非常に注目されています。
さらに事故が発生したり、臨時検査で不正が発覚したり・・・、
いや、本当に困った問題です。

もちろん、こういった問題は放置できないのですが・・・。

こういったネガティブな部分だけにスポットを当てるのはいかがなものでしょうか?

仮にスキーバスがなくなってしまったら・・、
自家用車でスキー場に行けない人は、ほとんどスキーを楽しむ手段がありません。

バスはたくさんの人を乗せるられるのに、細かい動きができる、
非常に機動力に優れた乗り物です。

1度にたくさんの人を乗せることでコストを抑えられるのです。

無理な運行や、高速代をケチって利益を出そうなんてバス会社は
そうそうありません。

普通に安全に運行して、十分利益を出せる乗り物だと信じています。

一部の不正な業者が出てきて危険なツアーを組み事故を起こす・・・、
これが、バス業界全体に影響があってはいけません。

真面目に安全に運行しているバス会社がほとんどです。
運転手も良い人はたくさんいます。

今回のことで、バス業界全体が縮小しないことを祈っています。


円安で海外旅行は遠ざかったのか?

最近の円安傾向で、海外旅行が不利になったと言われています。

確かに、1米ドルが90円だったころからすると、
12月になってからは、120円付近になっていますから、かなり違います。

しかし、最近の海外旅行状況は悪いことばかりではありません。
そう、”原油の値下がりです”

過去、原油価格が高騰したため、航空燃料も値上がりし、
運賃だけでは、採算が取れなくなったので、”燃料サーチャージ”という制度が
導入されました。

燃料サーチャージとは、航空燃料価格の上昇分を
運賃に上乗せして支払ってもらおうという制度です。

この燃料サーチャージは、海外旅行に行くためには
どうしても支払わなければならない、費用でした。

この燃料サーチャージに最近変化が見られます。

実は、航空会社は、”燃料代の安い国”で燃料補給をしようとするため、
そもそも為替の影響を受けにくいのですが、さらにこのところの
原油価格の下落により、航空燃料代が大きく下がっているのです。

先日、日本航空が燃料サーチャージを値下げすると
発表しました。

サーチャージは、飛行距離が長くなると高くなりますから、
遠くに出かけるほど、値下げの効果が大きくなります。

円安だからと言って、海外旅行が不利なばかりではありません。
せっかく原油価格が下落しているのですから、
この際、遠くへ出かけてみるのはいかがですか?

特に北米は、景気回復で今、とても盛り上がっています。
お正月旅行はちょっと遠くに出かけてみるのもお勧めです。

羽田からディズニーランドへの3つのルート

羽田からディズニーリゾートへ向かうルート、
皆さんはどのように選んでますか?

もちろん一番楽なのは、直行バスです。
定期便もあります、旅行会社が用意している専用バスもあります。

乗り換えがないし、ホテルへも寄りますから、小さいお子様がいらっしゃる
場合は非常に楽です。

しかし、気を付けたいところもいくつかあります。

まず、混んでいる時間帯があるというところです。

バス待ちの長い行列ができている場合、
早々に諦めて電車に回った方が早く着く場合があります。

ホテルのチェックインをディズニーランド入口のカウンターで行う場合。

これはカウンターが舞浜駅のそばにあるので、バス利用だとバス停から
かなり歩くことになります。

さて、電車の場合、乗り換えはありますが
行列に並ぶ必要はありません。

ノーマルな方法は、モノレールからJRで東京まで向かい、
京葉線で舞浜まで行く方法。

これは、京葉線の駅が地下深くにあるので、東京駅での乗り換えがすごく大変です。

もう一つの方法は、モノレールで天王洲アイルまで行って、
りんかい線で新木場まで行く方法です。

こちらは、東京駅で乗り換えるよりは楽です・・・が、
難点もいくつかあります。

まずは、一度屋外に出なければならないので、
雨が降ると傘が必要です。(信号もあります)

さらにモノレールが各駅停車に乗らないといけないということです。

時間的にはあまり変わらないのですが、
小さなお子様がいたり、大きな荷物があったりすると、
乗り換えは気になりますよね。

天気などに応じて、臨機応変に利用するようにしましょう。

高速バス予約がワンコイン!衝撃価格のキャンペーンとは?

格安で便利と言えば高速バスですが、
閑散期のキャンペーンを狙えば、もっとお得です。

なんと、高速バス予約がワンコイン(500円)です。

GW後の閑散期ですが、かなりお得。
一般的な休日が関係ない人や、
ビジネス利用なら絶対にお得です。

◆対象出発日◆
 2014/5/7(水)から2014/7/30(水)まで

◆予約開始◆
 2014/4/7(水)正午12:00から

もちろん限定商品なので、早めの行動が大切。

まずは、案内のサイト↓をご覧ください。

全国高速バス≪路線一覧≫

ワンコインの企画はコチラ ⇒ キャンペーンの案内
menu
旅行の最新情報
旅行に嬉しい小ネタ
格安ツアーの捜し方
格安の旅館やホテルを予約!!
お得な交通機関
乗り心地の良い席を予約しよう
自動車旅行のチャンス!!
テーマパークの攻略と裏技
格安旅行の裏技
リンク集
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

リンク・バナー






スーツケース・旅行用品のトラベラーストア





RSSリンクの表示
リンク
姉妹サイト
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。